実績

学会発表等 2017年度

学会・研究会等発表

2017年度

Effect of Renal Function on Pemetrexed-induced Haematotoxicity
『BIT’s 10th Annual World CANCER CONGRESS-2017』2017.5 Barcelona,Spain
○Yosuke Ando

The role of hospital pharmacists in home and community care
『ACCP2017』2017.7 Jogjakota, Indonesia
○Yukiko Kakumae、Takayuki Suzuki、Shigeki Yamada

No viral spreading after rotavirus vaccination in NICU
『ID Week 2017』2017.10 San Diego, USA
○Hiroyuki Hiramatsu、Ryota Suzuki、Shigeki Yamada、Masaru Ihira、Arisa Nagatani、Masafumi Miyata、Hiroki Miura、Fumihiko Hattori、Ken Sugata、Koki Taniguchi、Naoko Nishimura、Takao Ozaki、Tetsushi Yoshikawa

効率的な電子カルテの活用を目指して-治験や自主臨床研究における薬剤管理体制の構築-
『第2回日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会』2017.5 三重
○平松裕之、谷川郁惠、上杉啓子、加藤隆明、岩田仲生

がん終末期に化学療法を受けた患者の終末期の療養に関する検討
『第2回日本緩和医療学会』2017.6 横浜
○覚前有希子、東口髙志、吉村元輝、牧原俊康、浦崎優子、須原由紀、九鬼里香、野村香織、山田成樹

血液内科病棟における多職種連携の取り組み -第一報-
『第15回日本臨床腫瘍学会』2017.7 神戸
○伊藤佳織、冨田章裕、稲熊容子、出羽薫、森舞子、柘植雅大、島戸茜、加藤梓沙、山田成樹、恵美宣彦

レギュラトリーサイエンスの素養を持つ臨床研究コーディネーターの養成について
『第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2017』2017.9 名古屋
○古関竹直、谷川郁惠、毛利彰宏、山田成樹、齋藤邦明、岩田仲生

アリピプラゾール持効性注射剤導入時におけるアリピプラゾール経口剤の併用期間の違いが治療経過に及ぼす影響について
『第1回日本精神薬学会』2017.9 東京
○波多野正和、亀井浩行、竹内一平、羽實元太、戸澤香里、牧野伸哉、半谷眞七子、山田成樹、岩田仲生

当院における過去5年間の睡眠薬の処方動向に関する研究
『第1回日本精神薬学会』2017.9 東京
○稲垣里紗、波多野正和、谷口美紘、山田成樹

抗精神病薬持効性注射剤の治療継続に影響を及ぼす因子の検討
『第1回日本精神薬学会』2017.9 東京
○谷口美紘、波多野正和、稲垣里紗、山田成樹

インスリンデグルデクへの切替えの有用性の検討
『第6回日本くすりと糖尿病学会』2017.9 東京
○戸田貴洋、津川透、田中絢子、平岡佳子、野々村早帆、山田成樹

治験事務局業務の効率化への取り組み -治験費用算定ツールの構築-
『第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2017 in 名古屋』2017.9 名古屋
○平松裕之、後藤豊美、佐野晃宏、谷川郁惠、近藤征史、岩田仲生

腹膜透析患者におけるスクロオキシ水酸化鉄の服用症例
『第11回日本腎臓病薬物療法学会』2017.10 福岡
○橋辺亜利紗、荒川悠樹、津川透、山田成樹

腎機能情報を用いた薬物療法適正化への取り組み
『第49回藤田医学会』2017.10 豊明
○鈴木慎二、加藤さや香、鈴木孝幸、山田成樹

医療安全・質向上のための複数規格薬剤の棚配置変更に合わせて行ったインシデント減少に向けた取り組み
『第49回藤田医学会』2017.10 豊明
○増田雅也、鈴木慎二、鈴木孝幸、山田成樹

エルロチニブ服用における薬剤師外来の有益性についての検討
『第2回日本がんサポーティブケア学会学術集会』2017.10 大宮
○西部星来、安藤洋介、宮本亜佑美、松田日出三、江藤祥子、辻井奈保、柘植雅大、中西亨、林正道、後藤康洋、魚津桜子、今泉和良、山田成樹

Rasburicase投与後の抗体産生の頻度と抗体価の推移に関する研究
『第79回日本血液学会』2017.10 東京
○森舞子、赤塚美樹、伊藤佳織、徳田倍将、稲熊容子、岡本晃直、蟹江匡治、柳田正光、山本幸也、冨田章裕、岡本昌隆、山田成樹、恵美宣彦

再発乳癌患者の薬物療法における薬剤師外来の有用性に関する検討
『第2回日本がんサポーティブケア学会学術集会』2017.10  大宮
○安藤洋介、小林尚美、宮本亜佑美、西部星来、内海敏明、山田成樹

カルボプラチン治療においてBMIが血小板減少症に及ぼす影響
『第23回日本医療薬学会』2017.11 千葉
○田中千裕、塩内淑予、安藤洋介、林高弘、堀場瑠莉、宮田七帆、太田秀基、澤木明、河田健司、安田公夫、池田義明、山田成樹

がん化学療法に用いられるステロイドが骨密度に及ぼす影響
『第23回日本医療薬学会』2017.11 千葉
○早川怜花、山本花菜、澤木明、林高弘、安藤洋介、太田秀基、山田成樹、河田健司、安田公夫、池田義明

医療安全と質向上のための薬剤棚管理新体制への移行と複数規格薬剤取り違えインシデント減少のための取り組み
『第12回医療の質・安全学会学術集会』2017.11 千葉
○増田雅也、鈴木慎二、鈴木孝幸、山田成樹

入退院センターにおける常駐薬剤師の術前中止薬に関する業務とその評価
『第23回日本医療薬学会』2017.11 千葉
○加藤梓沙、伊藤佳織、波多野正和、石戸谷その、上野美幸、阿部幸恵、角里恵子、荒川悠樹、友松恵子、森舞子、覚前有希子、平岩歳久、加藤さや香、牧原俊康、津川透、鈴木孝幸、山田成樹

腎不全教育入院に対する当院の取り組み
『第11回CKDチーム医療研究会』2017.11 東京
○荒川悠樹,平野恭子,伊藤綾那,三成幸子,近藤里帆子,上原悦子,稲熊大城,湯澤由紀夫,山田成樹

パゾパニブによる肝機能障害の再燃により、治療変更となった1症例
『第27回日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会』2017.10 三重
○堀場瑠莉、安藤洋介、西部星来、深谷孝介、白木良一、山田成樹

ヒドロモルフォン製剤の安全使用に向けた当院薬剤部の取り組み
『第27回日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会』2017.11 三重
○守作美咲、伊藤佳織、野村香織、鈴木慎二、九鬼里香、牧原俊康、加藤さや香、山田成樹

抗精神病薬持効性注射剤の治療継続に影響を及ぼす因子の検討
『第27回日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会』2017.11 三重
○谷口美紘、波多野正和、稲垣里紗、山田成樹

電子カルテを活用した治験や自主臨床研究における薬剤管理体制の構築
『大学病院情報マネジメント部門連絡会議』2018.1 北海道
○平松裕之、谷川郁惠、山田成樹、近藤征史、岩田仲生

ペクチン含有濃厚流動食の下痢改善効果に胃酸分泌抑制薬が及ぼす影響
『第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会』2018.2 横浜
○中尾文香、東口髙志、桂長門、大原寛之、大西真理子、太田真紀子、荒川悠樹、松田日出三、蟹江孝樹、上田真紀子、米井太志、池夏希、伊藤明美

乳癌ドセタキセル投与におけるペグフィルグラスチム併用の有用性についての検討
『日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018』2018.3 横浜
○西部星来、安藤洋介、小林尚美、引地理浩、牛窓かおり、内海俊明、山田成樹

簡易懸濁法によりフォロデシン塩酸塩カプセルの投与が可能となった末梢性T細胞リンパ腫の一例
『日本薬学会 第138年会』2018.3 金沢
○平手晴佳、伊藤佳織、榊原有希子、島戸茜、守作美咲、福永綾奈、桒原碧、牧原俊康、加藤さや香、山田成樹

腎機能情報を用いた薬物療法適正化への取り組み
『日本薬学会 第138年会』2018.3 金沢
○鈴木慎二、守作美咲、福永綾奈、加藤貴大、野村香織、桒原宏貴、加藤さや香、鈴木孝幸、山田成樹

窓口業務の充実化に向けた調剤負担軽減の取り組み
『日本薬学会 第138年会』2018.3 金沢
○渡辺智美、島戸茜、伊佐治亜美、増田雅也、鈴木孝幸、山田成樹

デノスマブ投与期間に併用するビタミンD及びCa製剤の違いが血清Ca値へ及ぼす影響の検討
『日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018』2018.3 横浜
○小林美緒、安藤洋介、菅野史織、山田成樹