実績

過去の学会発表等

学会・研究会等発表

2013年度

糖尿病性腎症患者における透析導入リスク因子の解析
『第59回日本薬学会東海支部』   2013.7 名古屋
○加藤里奈、林高弘、野口彩香、水野智博、林宏樹、湯澤由紀夫、山田成樹、永松正

糖尿病性腎症患者における感染症発症リスク因子の探索
『第59回日本薬学会東海支部』   2013.7 名古屋
○野口彩香、水野智博、加藤里奈、林高弘、林宏樹、湯澤由紀夫、山田成樹、永松正

急性薬物中毒における重篤な合併症の危険因子について
『第16回日本臨床救急医学会学術集会』   2013.7 東京
○梶川真希、神谷裕彦、平川昭彦、武山直志

急性薬物中毒における合併症併発の危険因子の探索
『第16回日本医薬品情報学会』   2013.8 名古屋
○梶川真希、神谷裕彦、林高弘、山田成樹、武山直志、大津史子、後藤伸之

病棟薬剤業務実施による医薬品適正への影響
『第16回日本医薬品情報学会』   2013.8 名古屋
○加藤さや香、小島悦子、平手晴佳、尾関克明、山田成樹

クラウドを活用した情報共有
『第16回日本医薬品情報学会』   2013.8 名古屋
○小島悦子、平手晴佳、加藤さや香、鈴木孝幸、尾関克明、山田成樹

薬剤評価シート作成・運用による薬事委員会の円滑化について
『第16回日本医薬品情報学会』   2013.8 名古屋
○平手晴佳、加藤さや香、小島悦子、尾関克明、山田成樹

悪性リンパ腫患者におけるRituximab-Bendamustine(RB)療法が免疫機能に与える影響
『第11回日本臨床腫瘍学会』   2013.8 仙台
○伊藤佳織、岡本昌隆、安藤洋介、安藤舞子、熊澤里美、岡本晃直、稲熊容子、太田秀基、山田成樹、
恵美宣彦

トリクロホスナトリウム10%シロップ(トリクロリールシロップ10%)の食品との配合について
『第23回日本医療薬学会』   2013.9 仙台
○加藤さや香、天野幸恵、牧原俊康、山田成樹

過去5年間に重症低血糖で緊急入院した症例の患者背景と薬剤に関する検討
『第23回日本医療薬学会』   2013.9 仙台
○水谷舞、早川伸樹、堀実佐子、林高弘、福井愛子、亀井浩行、鈴木敦詞、伊藤光泰、山田成樹、田中斎

イリノテカン塩酸塩投与によるコリン様症状の発現とその対策 ~当院における使用状況~
『第51回日本癌治療学会学術集会』  2013.9 京都 
○安藤舞子、松岡宏、太田秀基、伊藤佳織、熊澤里美、安藤洋介、片方容子、秋吉麻紀、神納美保、
野田早智恵、伊達友希美、山田成樹

Approach to Nutritional Management and Pharmacotherapy in a Patient with Terminal Colon Cancer: A Case Report
『The 13th Asian Conference on Clinical Pharmacy』  2013.9  Hai Phong, Vietnam
○Haruyuki Asai, Akihiko Futamura, Yoshihiro Uekuzu, Tomoni Ito, Keiko Mogami,
Manako Han-ya, Hiroyuki Kamei, Shigeki Yamada

Analysis of ganciclovir resistant HHV-6B clinical isolates by using PCR with quenching probes (QP-PCR)
『ID Week 2013 (IDSA:米国感染症学会) 』  2013.10 San Francisco
○Hiroyuki Hiramatsu、Ryota Suzuki、Shigeki Yamada、Masaru Ihira、
Yoshiki Kawamura、Erina Matsuoka、Hiroki Miura、Tetsushi Yoshikawa

イメンドカプセルとプロイメンドのCINVに対する有効性比較の中間報告
『第51回日本癌治療学会学術集会』  2013.10 京都
○安藤洋介、太田秀基、伊藤佳織、熊澤里美、安藤舞子、今泉和良、宇山一朗、平田一郎、内藤健晴、
櫻井一生、山田成樹

Trastuzumab外来初回導入の安全性についての検討
『第23回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成25年度日本薬学会東海支部例会』  2013.11 鈴鹿
○熊澤里美、太田秀基、伊藤佳織、安藤舞子、安藤洋介、引地理浩、宮島慎介、小林尚美、山田成樹、
内海俊明

全病棟薬剤師配置後の医療現場における評価と課題(看護師アンケートより)
『第23回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成25年度日本薬学会東海支部例会』  2013.11 鈴鹿
○友松恵子、牧原俊康、九鬼里香、津川透、加藤さや香、覚前有希子、伊藤佳織、熊澤里美、魚住藍子、
山田成樹

NST薬剤師と病棟薬剤師の連携による患者別TPN処方設計の試み
『第29回日本静脈経腸栄養学術集会』  2014.2 横浜
○浅井治行、東口高志、森直治、岩田正巳、福浦久美子、太田真紀子、松田日出三、山田成樹

大規模大学病院における肥満(2度以上)症例の検討 -第2回Fujita Nutrition Day調査結果から-
『第29回日本静脈経腸栄養学術集会』  2014.2 横浜
○松田日出三、東口高志、森直治、福浦久美子、谷口めぐみ、西村知子、池夏希、太田真紀子、浅井治行、
荒川悠樹、山田成樹

造血幹細胞移植後のGCV耐性HHV-6Bの出現状況:Qプローブ法を用いたスクリーニング
『第29回東海ヘルペス群ウイルス感染症研究会』  2014.3 名古屋
○平松裕之、鈴木竜太、井平 勝、伊勢川裕二、河村吉紀、吉川哲史

初発濾胞性リンパ腫患者に対するR-CHOP療法が免疫機能に与える影響
『第75回日本血液学会』  2013.10 札幌
○伊藤佳織、岡本昌隆、寺澤知彦、覚前有希子、岡本晃直、稲熊容子、徳田倍将、柳田正光、森島聡子、
蟹江匡治、山本幸也、赤塚美樹、水田秀一、山田成樹、恵美宣彦

過去の実習成果を基に考えた実務実習指導カリキュラム改良に関わる提案
『日本薬学会第134年会』  2014.3 熊本
○久保みさき、林高弘、山田成樹

全病棟薬剤師配置後の医療現場における評価と課題(看護師アンケートより)
『日本薬学会第134年会』  2014.3 熊本
○友松恵子、牧原俊康、九鬼里香、津川透、加藤さや香、覚前有希子、伊藤佳織、熊澤里美、魚住藍子、
林高弘、山田成樹

フェンタニル製剤へオピオイドローテーションした際に血清アルブミン値ががん性疼痛コントロールに及ぼす影響
『日本薬学会第134年会』  2014.3 熊本
○松崎遥菜、林高弘、池畑沙織、牧原俊康、九鬼里香、山田成樹、森直治、東口高志、安田公夫

難治性透析掻痒症の発症に対するオピオイド受容体遺伝子多型の関与
『日本薬学会第134年会』  2014.3 熊本
○水野智博、小出滋久、吉見陽、林高弘、寺尾勇紀、林宏樹、高橋和男、杉山敏、佐藤晴男、山田成樹、
湯澤由紀夫、永松正

2012年度

院内疼痛調査を通じた緩和ケアの質的評価
『第17回緩和医療学会学術大会』   2012.6 神戸
○牧原俊康、東口高志、屋木景子、鶴見志奈子、村井美代、大原寛之、森直治、水野聡己、内藤宏、
阿波宏子、丸山文夫

薬物血中濃度解析報告による抗MRSA剤の適正使用 ~ICTとの連携~
『第29回日本TDM学会学術大会』   2012.6 神戸
○鈴木竜太、山田成樹、吉田俊治

高カリウム血症改善薬についての官能比較試験
『第57回日本透析医学会学術集会・総会』   2012.6 札幌
○津川透、牧原俊康、九鬼里香、矢野裕章、山田成樹、湯澤由紀夫

Non-adherence with antipsychotics-How do we assess and assist these patients with schizophrenia?
『The 12th asian conference on clinical pharmacy』   2012.7 Hong Kong
○Hiroyuki Kamei、Manako Han-ya、Takahiro Hayashi、Shigeki Yamada、Nakao Iwata

医薬品質疑に対する情報提供効率化システムの構築
『第15回日本医薬品情報学会総会・学術大会』   2012.7 大阪
○小島悦子、魚住藍子、平手晴佳、加藤さや香、京増明彦、尾関克明、山田成樹

DeVIC療法におけるCBDCA投与量設定の適正性に関する検討
『第10回日本臨床腫瘍学会』   2012.7 大阪
○伊藤佳織、岡本昌隆、覚前有希子、安藤洋介、安藤舞子、熊澤里美、岡本晃直、稲熊容子、太田秀基、
山田成樹、恵美宣彦

XELOX±Bev療法継続のための薬剤師の関わり(2) -手足症候群に対するマネジメント-
『第10回日本臨床腫瘍学会』   2012.7 大阪
○太田秀基、伊藤佳織、熊澤里美、安藤洋介、山田成樹、片方容子、松岡宏、前田耕太郎

トラスツズマブ外来初回導入の安全性についての検討
『第10回日本臨床腫瘍学会』   2012.7 大阪
○熊澤里美、太田秀基、安藤洋介、安藤舞子、伊藤佳織、牧原俊康、引地理浩、宮島慎介、小林尚美、
山田成樹、内海俊明

薬物血中濃度解析報告による抗MRSA剤の適正使用 ~ICTとの連携~
『第3回MRSAフォーラム』   2012.7 東京
○鈴木竜太、山田成樹、吉田俊治

当院腎内科入院患者における高カリウム血症改善薬の服薬状況と官能比較試験
『第6回日本腎臓病薬物療法学会』   2012.9 札幌
○荒川悠樹、津川透、牧原俊康、湯澤由紀夫、山田成樹

トラスツズマブ外来初回導入の安全性についての検討
『第50回日本癌治療学会学術集会』   2012.10 横浜
○熊澤里美、太田秀基、安藤洋介、安藤舞子、伊藤佳織、牧原俊康、引地理浩、宮島慎介、小林尚美、
山田成樹、内海俊明

説明文書を用いたインフォームド・コンセントが双極性障害患者における抗精神病薬の満足度及び服薬態度に及ぼす影響について
『第22回日本医療薬学会年会』   2012.10 新潟
○伊藤秀輝、亀井浩行、小野沙百合、半谷眞七子、竹内一平、宇野準二、増田雅也、林高弘、
山田成樹、岩田仲生

高カロリー輸液の無菌調製業務効率化に関する検討
『第22回日本医療薬学会年会』   2012.10 新潟
○太田真紀子、松田日出三、浅井治行、寺部保成、福浦久美子、山田成樹

高カロリー輸液キット製剤調製業務における効率化の検討
『第44回藤田学園医学会』   2012.10 豊明
○松田日出三、福浦久美子、山田成樹

再発・難治悪性リンパ腫の救援療法(DeVIC療法)におけるCBDCAの投与量設定法に関する検討
『第44回藤田学園医学会』   2012.10 豊明
○稲熊容子、伊藤佳織、岡本昌隆、岡本晃直、森島聡子、覚前有希子、牧原俊康、太田秀基、
山田成樹、恵美宣彦

Qプローブ法によるガンシクロビル耐性HHV-6Bのスクリーニング
『第44回藤田学園医学会』   2012.10 豊明
○平松裕之、鈴木竜太、山田成樹、井平勝、吉川哲史

1日型フェンタニル貼付剤(フェントステープ)への切り替え前後の副作用対処薬錠数とレスキュー薬の使用回数の推移
『第6回緩和医療薬学会』   2012.10 神戸
○九鬼里香、山田成樹、牧原俊康、覚前有希子

鎮痛補助剤としてのケタミン注射薬導入プロトコールの評価
『第6回緩和医療薬学会年会』   2012.10 神戸
○牧原俊康、覚前有希子、九鬼里香、山田成樹、屋木景子、鶴見志奈子、内藤宏、
丸山文夫、東口高志

高カロリー輸液キット製剤調製業務における効率化の検討
『第14回医療マネジメント学会学術総会』 2012.10 長崎
○浅井治行、松田日出三、太田真紀子、寺部保成、福浦久美子、山田成樹

情報提供効率化システムの構築とその活用
『日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2012』   
2012.11 岐阜
○小島悦子、魚住藍子、平手晴佳、加藤さや香、京増明彦、尾関克明、山田成樹

化学療法を行う病棟看護師への情報提供内容の検討
『日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2012』   
2012.11 岐阜
○熊澤里美、寺澤知彦、安藤洋介、安藤舞子、伊藤佳織、覚前有希子、牧原俊康、太田秀基、
矢野裕章、山田成樹

XELOX±Bev療法継続のための薬剤師の関わり-手足症候群に対するマネジメント-
『日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2012』   2012.11 岐阜
○太田秀基、伊藤佳織、熊澤里美、安藤舞子、安藤洋介、山田成樹、片方容子、松岡宏、前田耕太郎

保存期腎不全患者において糖尿病が腎性貧血に対する赤血球造血刺激因子製剤治療へ及ぼす影響について
『日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2012』   2012.11 岐阜
○野口彩香、林高弘、西部星来、加藤里奈、津川透、矢野裕章、林宏樹、湯澤由紀夫、山田成樹、永松正

シスプラチン投与時の補液量が腎障害に及ぼす影響
『日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2012』   2012.11 岐阜
○影本渉、林高弘、牧原俊康、山田成樹、今泉和良、二改俊章

臨床分離株におけるQプローブ法によるガンシクロビル耐性HHV-6Bのスクリーニング
『第60回日本ウイルス学会』 2012.11 大阪
○平松裕之、鈴木竜太、井平勝、伊勢川 裕二、吉川哲史

治験実施施設選定調査にCRCが関与して明らかになった事
『第33回日本臨床薬理学会』 2012.12 沖縄
○加藤典子、谷川郁惠、上杉啓子、加藤隆明、山田成樹、岩田仲生

大規模大学病院における脂肪乳剤の投与速度に関する実態調査
『第28回日本静脈経腸栄養学会学術大会』 2013.2 金沢
○荒川悠樹、東口高志、森直治、福浦久美子、大西真理子、山田成樹、谷口めぐみ

保存期腎不全患者において糖尿病が赤血球造血刺激因子製剤治療へ及ぼす影響について
『日本薬学会第133年会』 2013.3 横浜
○加藤里奈、林高弘、西部星来、野口彩香、津川透、矢野裕章、林宏樹、湯澤由紀夫、山田成樹、永松正