業務紹介

麻薬管理室

医療用麻薬は、全身麻酔手術時や手術後の痛み、がん疼痛、慢性的な激しい痛み、検査時の鎮静目的などに使用されます。その種類は内用薬、外用薬、注射薬があり、それぞれ患者様の病状に合った剤型が使用されます。
麻薬管理室では、医療用麻薬の購入、保管、病院内各部署への払い出し、使用後の確認、残薬の処理を行っています。


■医療用麻薬の払い出し


患者様毎の記録を付け、投与間隔、投与量、投与方法を確認し払い出ししています。


■医療用麻薬の使用後の確認


使用された麻薬の残量・空容器を確認し、患者様にどれだけ使用されたかの確認をしています。