業務紹介

外来化学療法室

近年の新規抗がん剤や優秀な支持薬の登場とともに、入院化学療法から外来化学療法への移行が進み自宅に居ながらのヘルスマネジメントが可能となってきております。
それに伴い、外来での化学療法利用率は全国的にも急増し、当院でもその患者数は年々増加しております。
一方で、分子標的薬をはじめとする新規薬剤の副作用には、従来とは異なる重篤なものもあります。そのため、これまで以上に配慮が必要となります。しかし、副作用への対処や、患者さんのアドヒアランス向上などに医師だけで対応することは困難であり、医師・薬剤師・看護師によるチームでの取組みがますます求められています。その中でも、薬剤師が薬の専門家として、抗がん剤の治療計画(レジメン)の審査から実際の投与・経過に至るまでの各場面に携わることは非常に重要です。
本療法室での薬剤師の役割は、以下に分けられます。


■がん化学療法の処方鑑査(投与量、休薬期間など)
■抗がん剤の治療計画(レジメン)の審査、登録



■抗がん剤の調製・監査



■他の薬剤師、職種との連携による患者さんへの服薬指導
■副作用モニタリング、副作用への対応