臨床薬剤科

臨床薬剤科

 藤田保健衛生大学医学部 臨床薬剤科 教授 山田成樹

 臨床に従事する薬剤師に必要なスキルは、臨床能力と研究能力です。臨床能力とは、疾患に応じた最適な薬物療法を考察し、提供していく能力です。また、研究能力とは、医師とは別の視点からの臨床系エビデンスの発信や、薬物療法の科学性を追求していく能力です。
 私たち病院薬剤師は、臨床を行っていく中で様々な薬物療法に関与しています。そして、臨床結果を追跡していくと様々な発見や疑問に遭遇します。治療効果が予想外に良かったり、全く効果が現れなかったり、患者個々において治療効果に差が現れたり、また予期せぬ効果が発見されたりします。このような事象を過去の報告より確認し、最適な医療の提供を実践していくことが臨床薬剤師であると言えます。次にわれわれが考えていかなければならないのが、発信された薬物療法のエビデンスを活用するだけではなく、自らが臨床研究を企画、立案することにより、新たなエビデンスを構築することで、最善の薬物療法を提供できる役割を果たし、他の医療従事者への情報提供を実践していくことです。
 われわれ臨床薬剤科は、このような薬剤介入を伴う診療現場でのクリニカルクエスチョンに基づく臨床疫学、医薬品の効果や安全性に関する臨床研究を実践していきます。