チーム医療

褥瘡対策実務委員会

■チームの役割


褥瘡予防の正しい知識と技術、発生時の治療法、ケアの対策についての啓発や統一的な情報管理を行っています。医師4名、看護師4名、薬剤師1名、理学療法士1名、管理栄養士2名、医療事務員1名で構成されています。月2回の回診と月1回のカンファレンスを実施し、褥瘡発生や保有患者数の把握、褥瘡対策計画書の記載内容、予防用具や治療材料の適正使用、職員への教育等を行っています。


■チームにおける薬剤師の役割


  • 回診時の治療薬適正使用に対する管理
  • 勉強会で職員への治療薬に関する教育
  • 学会等での治療法に関する情報収集
  • 褥瘡対策マニュアル内の治療材料の項を管理
  • 褥瘡対策実践マニュアルの作成、管理